旭産業株式会社

カーエアコン用コンプレッサ部品加工

会社概要

商号旭産業株式会社
所在地〒367-0072 埼玉県本庄市沼和田 948
電話0495-24-2181(代表)
設立1948(昭和23)年6月
資本金96,000,000円
従業員90名(2017年5月現在)
主な取引先サンデンホールディングス株式会社
サンデン・オートモーティブコンポーネント株式会社
売上高16億円(2016年度)
取扱品目カーエアコン用コンプレッサ部品、プーリー
引き戸クローザー 他

 

組織図


 

沿革

1948年旭産業株式会社設立 脱穀機、籾摺機の生産を開始
1957年耕運機の生産を開始
1970年三共電器(株)(現サンデンホールディングス(株))の自動販売機、冷凍ケースなどの生産を開始
1972年カーエアコンマウントキットの開発、設計、生産を開始、工場改築
1978年鋼板プーリー(小径テンションプーリー)を自社開発
1979年多関節ロボット(溶接用)をいち早く導入
1980年カーエアコン用コンプレッサ クラッチローター生産を開始
1982年富士理工(株)と共同で、空き缶圧縮機を開発
1984年カーエアコンマウントキット年間出荷数、35万台超を達成
1985年資本金を96,000,000円に増資、機械加工工場を増設
1987年東京通信工材(株)の公衆電話機用キャビネットの生産を開始
1991年カーエアコン用コンプレッサ部品ラインを新設(主力を部品加工へ移行開始)
1994年シリンダブロックの生産を開始
1999年シリンダブロック生産ラインを大幅増設
2000年ISO 9002認証取得(2003年、ISO 9001に改訂)
2000年コンプレッサ自動制御システム(内製) 構築、稼働開始
2001年TPMチャレンジ賞受賞(チャレンジ賞第1号)、ISO 14001認証取得
2004年シリンダブロック全自働生産ライン導入、アルミ切削部品年間出荷数、250万台超を達成
2005年TPM優秀賞第1類受賞
2006年引き戸クローザーを開発し、販売開始
2007年転造鋼板プーリー(薄板・大径)を自社開発
2008年省エネ実施事例全国大会で、省エネルギーセンター会長賞を受賞
2012年鋼板プーリー生産200万台/年体制完成
2012年斜板ボス 新規ライン導入(年間生産台数 130万台)
2014年スーパーマーケット・コンビニエンスストア向け冷蔵ショーケースの組立生産を開始
2016年斜板ボス ライン能力増強(年間生産台数 170万台)
2016年PXコンプレッサ用シリンダブロック 生産開始

 

アクセスマップ

技術紹介
技術イメージ
カーエアコン用コンプレッサ部品